業務効率化を進める機器やシステムが目立つ @国際モダンホスピタルショウ

展示会名:第48回 国際モダンホスピタルショウ 2021
会期:2021年7月28日(水)・29日(木)
オンライン会期:2021年6月21日(月)〜8月31日(火)
会場:パシフィコ横浜 展示ホールC・D
主催:(一社)日本病院会、(一社)日本経営協会
出展者数:150社
来場者数:1万55人
出展者層:医療機器、医療情報システム、看護支援関連、健診・ヘルスケア関連
来場者層:病院経営、病院勤務者、医療情報システム、調剤薬局、ソーシャルワーカー、開業医、医療機器ディーラー、医療機器メーカー

▲会場入り口の様子

 医療・福祉業界の展示会「国際モダンホスピタルショウ」には、クリニックや病院といった医療機関、メーカー、販売店が来場した。出展者の7割が『医療情報システム』の分野で出展し、業務効率化を推進するためのシステムや、遠隔で操作する機器に注目が集まった。新型コロナウイルスの影響下で、2年ぶりの開催となったが、医療関係者の来場が大幅に減少した。初となるオンライン展示会は、6月21日(月)〜8月31日(火)に開催した。

 生産管理や3Dシミュレーションのシステムを展示したテクノア(岐阜県岐阜市)には、クリニックや小規模の病院などの医療関係者、同業者が来場した。健康診断の需要増加に伴い、新たに検診サービスを始めたい医療施設が増えた。「来場者は例年の半数以下だが、目的を持って来場する人が多かった。オンライン商談のみで契約となることも増えた」(安曽太郎さん)

▲新型コロナの影響で、遠隔で操作する非接触の機器の開発に取り組み始めたという トプコンメディカルジャパン(東京都板橋区)

 眼圧計、3次元の眼底像撮影、手術用の顕微鏡など、眼科で使用する機器を展示したトプコンメディカルジャパン(東京都板橋区)には、メーカーや販売店が集まった。遠隔で操作する非接触の機器や、病気を予防するために手軽に検診を受けられる体制が求められている。「コロナ下で、ターゲット層の病院関係者が少なく残念だ」(角坂均さん)

 病室の床頭台やテレビカードシステムを展示したパースジャパン(東京都文京区)には、病院と取引のあるメーカーや販売店が訪れた。インターネットの動画配信、病棟のWi-Fi設置、タブレットのレンタルの需要が高まっている。「従来4~6人で使用する部屋を、新型コロナの感染者は1人で使用するため、テレビの稼働率が下がった」(目黒慎太郎さん)

▲展示会に出展するのはこの「国際モダンホスピタルショウ」だけというミウラ(広島市)

 業務効率化を目指すシステムを開発するミウラ(広島市)には、メーカーや同業者の来場が目立った。医療現場では業務効率化が課題となっており、ITシステムを導入する事例が増えた。オンライン展示会にも出展し、1カ月で60人の医療関係者が来場した。「リアル展は医療関係者の来場が少なく、名刺交換は20枚のみだった」(中川健一さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る