AIを使いこなせる人材育成を急ぐ企業たち @AI・人工知能EXPO

 
  • 2020/11/18
展示会名:第1回 AI・人工知能EXPO 秋
会期:2020年10月28日(水)~30日(金)
会場:幕張メッセ  国際展示場9~11
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:約250社
出展者層:機械学習、自然言語処理、対話AI、チャットボット、画像・音声認識、AIアプリケーションなどのサービスを提供する企業
来場者層:企業(小売業、ホテル、飲食業、メーカー、社会インフラ、流通・サービス、通信・SI、データセンター事業者など)・官公庁・団体の情報システム、経営者・経営企画、マーケティング、システム・アプリ開発、総務・人事・経理など
同時開催:第1回 ブロックチェーン EXPO 秋、第1回 量子コンピューティング EXPO 秋
併催:第11回 Japan IT Week 秋、第4回 通信・放送 Week

 AIの専門展示会「AI・人工知能EXPO」には、社内におけるAI人材育成を検討する企業の担当者が多く見られた。省人化や業務効率化を目的としたAIの導入や、蓄積データの活用のために、社内でのAI人材育成の需要が高まっている。

▲「AI・人工知能EXPO 春」は過去3度開催されているが、秋の開催は今回が初めてとなる

 AI開発のSIGNATE(東京都千代田区)では、AI人材育成のためのオンライン講座が、一般企業のAI導入を検討する部署や、人事担当者などの関心を集めた。経営陣のAIへの理解が浅く、費用対効果や明確な目的がない導入を求められ、現場が困っているという声も多かった。「まだAIが理解されていない。何ができるのか、何をしたらいいのかというテーマ探しの段階」(久永祐喜さん)

▲来場者は予想していたより多かったと話すデータミックス(東京都千代田区)

 データサイエンススクール運営のデータミックス(東京都千代田区)には、蓄積データを活用したいと考える製造業関係者が多く訪れた。社内で在庫や売り上げ、顧客などのデータをためているが、有効活用できていないという。『社内にAI人材がいれば、AI関連のプロジェクトがうまくまわる』というメッセージが注目を集めていた。「人材紹介業も行っているが、自社のスタッフをデータサイエンスやAIの知識を持つ人材に育てたいという需要の方が圧倒的に多い」(奥脇彰也さん)

 ソフトウェア開発のAnamorphosis Networks(京都市)では、検品システムなどに使われる内製化可能なAI・画像処理ソフトウェアが、大手加工メーカーの関心を集めた。ソフトをダウンロードして自社内で実証実験できるので、ノウハウや機密データを外部に持ち出さずにすむ。「AIチェックに必要な画像データは、機密の面からなかなか提供してもらえない。顧客自身が判定するという発想が面白いという声が多かった」(上田将之さん)

 ディープラーニング研修のスキルアップAI(東京都千代田区)には、AIを導入したいが、社内にAI知識を持つ人材がいないという課題を抱える、一般企業の人事担当者が多く訪れた。新たにAI人材を雇用するよりも、社内の人材に知識をつけさせたいと考えている。「自社のことをよく知ったうえで、AIで何をすれば最適かを考える必要があり、外部に丸投げしたくないのが企業の本音だ」(大倉みなみさん)


おすすめの記事
事故予測や監視業務もAIへ @AI・人工知能EXPO

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る