業務効率化商材に高い関心 @関西ホテル・レストラン・ショー

展示会名:第12回 関西ホテル・レストラン・ショー
会期:2020年7月29日(水)~31日(金)
会場:インテックス大阪 6号館A
主催者:(一社)日本能率協会、(一社)日本ホテル協会ほか
出展者数:94社
来場者数:3581人
出展者層:厨房設備・機器、食材、寝具・家具、外国語対応関連アイテム
来場者層:宿泊・外食・施設・レジャーなどのサービス業、メーカー、商社、官公庁や自治体

従業員感染対策への意識目立つ

▲ニチワ電機(大阪市)は自社の厨房機器による実演を行った。見学スペースには足跡マークがあり、ソーシャルディスタンスを保つ工夫が見られた

 観光・宿泊・外食関連の展示会「関西ホテル・レストラン・ショー」では、業務効率化と新型コロナウイルス感染防止対策につながる展示が関心を集めた。感染症対策で人数制限が行われた影響で来場者数は減少したが、情報収集や事業のヒントを得るために来場した、目的意識の高い人が目立った。

 業務用食器を扱うユニバーサルエージェント(福井県鯖江市)では、衛生面と利便性に優れた木製に見えるプラスチック製の食器「木調シリーズ」を展示した。ホテルなど50社が訪れた。食洗機で洗浄でき、木製食器よりも菌がつきにくいという。「5年前に出展を始めて一番来場者が少ないが、ブースからすぐ離れる人はいない。受注の確率も高そうだ」(若泉統一郎社長)

  日本リテイルシステム(東京都台東区)の奥田昌也さんは「飲食店の現場では接触を避けることが求められている」と話した。利用者がスマホから直接飲食店にオーダーする、持ち帰り用のシステムや、QRコードによる先払いシステムを展示した。人手不足の解消や接触削減につながるサービスの展示に、1日に30~50社が集まった。

 浄水器を扱うメイスイ(東京都品川区)は、非接触で反応するセンサーを採用したタッチレス冷水機を紹介した。ブースには3日間で250社が訪れた。これまではボタン式だったが、センサーに手をかざせば水が出るタッチレスセンサーを搭載した。「マイボトルの給水にも対応する。非接触だけでなくSDGsという面でも注目された」(平方祐一取締役)。飲食店でのお冷のサービスを減らす、セルフサービスの水栓に対応するウォータードラフト水栓も紹介した。

▲タッチレス冷水機を紹介したメイスイ(東京都品川区)

 ドリームベッド(広島市)は、春に発売した抗ウイルス加工の寝具を展示し、1日50社が訪れた。ウイルスが付着しても2時間後に1000分の1に減少する、国際基準のSEKマークを取得した繊維で作られており、実際は5万~6万分の1に減少するという。外材にこの繊維が使われ、中材は羽毛を選ぶことができる。「ゲストだけでなく従業員の感染リスクも軽減する。安心・安全を求める人が多いことを改めて感じた」(松本昴さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る