疲れを癒す間、動画を見てもらう【人が集まるブース】#209

YSK(大阪府八尾市)
@機械要素技術展(日本ものづくりワールド内)

DATA
施工会社:プランニングステージ(大阪市)
小間数:3小間
施工費:160万円

▲スマートフォンの充電器も用意し、休息所『茶屋』に徹した

 シャフトメーカーのYSK(大阪府八尾市)は、来場者に休憩してもらうことを目的に茶屋風のブースを作った。椅子と傘に加え、スマートフォンの充電器を用意し、会場を歩き疲れた来場者に、同社の工場がある佐賀の名産バラジュースと、福島のいかにんじん煎餅を振る舞った。くつろぐ来場者に、動画やカタログを見せるのが狙いだ。

 展示会の接客が嫌いな社長が、無人のブースを作ろうと考えて形になった。「社長からは、名刺交換の必要はないと言われている。新しいことに挑戦する企業だということを知ってもらいたい」(福島幸男さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る