単純作業の自動化探る食品や自動車メーカー@ロボデックス

 
  • 2020/4/19
展示会名:第4回 ロボデックス(ロボット[開発]・[活用]展)
会期:2020年2月12日(水)~14日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1・2
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:270社(同時開催展含むと730社)
出展者層:産業用・サービス用ロボット、ドローン、開発技術、各種部品・材料、商社、輸入代理店、SIer
来場者層:各種工場、商社、代理店
同時開催:ウェアラブルEXPO、スマート工場EXPO、ネプコンジャパン、オートモーティブワールド

ロボット技術と製品の展示会

▲ シンテック(新潟市)は食品業界向けに弁当のふたを 閉める機械と化粧品業界向けにキャップを締める機械を 展示した

ロボット製造に必要な技術と製品の展示会「ロボデックス」には、人手不足への対応策を探す自動車や食品メーカーが来場した。単純作業を自動化したり、細かな要求に応える協働ロボットが注目された一方で、技術に精通するエンジニア不足などの課題も見受けられた。

 工作機械の設計・製作を行うシンテック(新潟市)の小川康夫専務は「完全自動化よりも、取り急ぎ1人分の働きを補いたいと考える現場の人が多い」と話した。食品業界向けには弁当のふたを閉める機械と、化粧品業界向けのキャップを締める機械を開発し来場者の関心を集めていた。

 作業工具メーカーのロブテックス(大阪府東大阪市)は、リベットと呼ばれる接合部材を打つ作業に特化したロボットを展示し、自動車業界の製造、設計担当者を集めた。「求められるのは省人化とコスト削減。来場者はこの視点でサービスを探しに来ている」(北川勝之さん)

 デンマークの協働ロボットメーカー、ユニバーサルロボット(東京都港区)では、部品をつまんで持ち上げ、移送して降ろす、といった単純な反復作業を行うロボットが関心を集めた。ロボットに精通していない、中小の製造現場においても簡単にプログラミングできるのが特長だという。

 協働ロボットのケーブルのたるみを解消する部品を展示した松田電機工業所(愛知県小牧市)では、配線トラブルを抱える製造現場の担当者が強い関心を示した。「たるみを出さないようにする配線技術がエンジニアの間で共有されていない。エンジニアの配線技術が上がるまでは我々の商品にも需要があると感じた」(道家治美さん) 


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
品質管理を自動化する技術集まる電子部品、半導体関連の展示会 @ネプコン・ジャパン

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  2. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  3. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  4. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る