目新しい空間演出を探すイベンター @イベント総合EXPO

 
  • 2020/4/9
展示会名:イベント総合EXPO
会期:2020年2月5日(水)~7日(金)
会場:幕張メッセ 国際展示場4~7
主催者:リード エグジビション ジャパン
出展者数:500社
出展者層:イベント制作、小道具レンタル、写真撮影、動物園、花屋、印刷、花火、遊具制作、VR、販促品メーカー、TV局
来場者層:イベント企画・制作、撮影、百貨店、商業施設、メディア、ホテル、広告代理店

▲桜の造花でブースを飾ったユー花園(東京都世田谷区)

 イベント用の商材を集めた「イベント総合EXPO」には、空間装飾を探すイベント企画や商業施設関係者が来場した。ブースを桜の造花で飾った花販売のユー花園(東京都世田谷区)には、イベント会社を中心に450人が集まった。ある関係者からは協業の申し入れがあった。「イベントの目先を変える新しいネタに困っている企画会社が多かった」(池上淳さん)

 香りの制御装置を製造販売するアロマジョイン(京都市)は、6種類の香りを切り替えることができる装置を展示した。最近、イベントの空間装飾に香りが使用されることが多いため、この展示会への初出展を決めた。人気娯楽施設の担当者も訪れた。「こちらから営業をかけにいこうと思っていたが、劇場、ゲーム、イベント関係者など80人がブースに来場した」(安井愛子執行役員)

 シエンアート(東京都中野区)は、合成写真の撮影とすぐにプリントアウトできるサービスを展示した。展示会や商業施設で撮影会を開催し、カメラマンを派遣する期間限定の出張サービスだ。広告代理店や商業施設のイベント担当者が来場した。

 映像の小道具制作、高津装飾美術(東京都調布市)は、レンタル小道具を展示した。インバウンド向けに着付け体験と写真撮影をセットにしたサービスが増え、小道具レンタルの需要が高まった。イベントや祭りの企画を請け負う担当者が来場た。「コンスタントに成約できている。飛びこみ営業が難しい業界なので、展示会は有効」(礒剛一さん)


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
写真映えする企画根強い人気 @テーマパークEXPO

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る