食品、美容関連の地域産品多く @ 福岡インターナショナル・ギフトショー

 
  • 2019/7/10
第15回福岡インターナショナル・ギフトショー2019
会期:2019年6月6日(木)~8日(土)※6・7日はビジネスデー
会場:マリンメッセ福岡
主催:ビジネスガイド社
同時開催:第8回福岡国際ビューティー・ショー2019
出展者数:204社(ギフトショー163社、ビューティー・ショー41社)

九州の食や技術を紹介 「福岡色」強く

 福岡インターナショナル・ギフトショーは、九州の食や技術を使った商材や化粧品などを紹介する「九州モノコトフェア」と「九州ビューティー」ゾーンを新設するなど「福岡色」の強いイベントになった。

▲化粧品と健康茶を展示した大川温泉(福岡県大川市)

 大川温泉(福岡県大川市)は、美容と健康に良いといわれる温泉水に含まれる酵素フルボ酸を含む化粧品と健康茶を展示した。温泉施設で販売していて人気になったことを受けて、全国販売を狙って初出展した。国内外の通販会社が多く訪れたが、「生産が間に合わない恐れもあるので、どこまで対応するのかが悩みどころ」(佐藤操取締役)だという。

 同じく初出展の久留米絣(がすり)を使った服飾雑貨などを製造販売するTAKUMI Collection(福岡市)には、海外のバイヤーなどから相談が寄せられた。米国でホテルを経営する人から「ホテルの売店で売りたい」と声を掛けられるなど、海外からの引き合いが多かったという。

▲皮製の財布やバッグを展示したKILOATOBA(キーロートボア・福岡県みやま市)

 服飾雑貨の製造卸のKILOATOBA(キロートボア・福岡県みやま市)は皮製の財布とバッグ、ポーチなどを出展したところ、仏壇店や線香の店などから、「念珠や香典入れに使える」と声が掛かったという。

 アマケンテック(熊本県天草市)化粧品事業部の米田揚昌さんは、来場者はつばき油への関心が高かったと話す。「複数の企業がつばき油を出展しているが、来場者は産地で比較しているようだ」(米田さん)

 エステサロンを運営するジースリーフォーラル(福岡県豊前市)は地元の特産品で美容成分が豊富なゆずを配合した化粧品を展示した。「百貨店の催事関係者や、ギフト商品を扱う業者から、販促品や返礼品に使いたいという話をもらった」と阿部美由紀専務は話した。


おすすめの記事
インバウンド対応製品注目集める[口コミ]@九州 観光・ホテル・外食産業展 前編
  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る