工事の手間を省く技術に関心集まる @ 管工機材・設備総合展

 
  • 2019/7/10
第51回 管工機材・設備総合展
会期:2019年6月11日(火)~13日(木)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:東京管工機材商業協同組合
出展者数:159社

新素材 簡略化に注目

 ガスや水道などライフラインに関わる技術の展示会「管工機材・設備総合展」では、劣化した設備の代替品となる新素材や、業務を簡略化して人手不足に対応する製品に注目が集まった。

▲溶接工事が不要な配管の継手を展示したレイテック

 設備施工のレイテック(東京都中央区)は、溶接工事が不要な配管の継手を展示した。専用の道具で締めるだけで配管を接続できるため、人手不足が深刻な職人の手配が不要になる。米国製の商品で、販売代理店として出展した。本業は工事だが、溶接工の手配ができず苦労していた時に採用したところ、作業効率が上がった。狙い通り、同業者から大きな反響を得た。

 水回り部品メーカーの丸一(大阪市)では、家庭用シンクに使用するステンレス製の排水溝がリフォーム業者の注目を集めた。従来のプラスチック製に比べて衛生的に使うことができるのが特徴だが、来場者の狙いは価格にある。「消費者は普段付き合いのない業者に大掛かりなリフォームは頼まない。小さなリフォームの提案から始め、大きな案件につなげるきっかけにしたいようだ」(永原徹さん)

 合成樹脂の総合パイプメーカー富士化工(静岡県富士市)には、100℃の排水を流せるパイプに設備業者が注目した。パイプの素材にガラス繊維が含まれており、高温の排水を流しても劣化しないのが特徴だ。食品工場や厨房施設での需要があるという。「従来使われていた塩ビやステンレスパイプの強度に対する不満があるようだ」(木戸司さん)


おすすめの記事
メンテナンス需要が増加 @ 下水道展

関連記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  2. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  3. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る