センサーとカメラが目視の代替 @ スマートファクトリーJapan

  • 2019/7/10
スマートファクトリーJapan 2019
会期:2019年6月5日(水)~7日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:日刊工業新聞社
出展者数:スマートファクトリーJapan125社、防災産業展111社
同時開催展:防災産業展 ㏌ 東京

 生産工場の最新技術が集まる「スマートファクトリーJapan」では、工場の「見える化」に関する技術の展示が目立った。

▲製造現場へのハイスピードカメラの活用を展示したフォトロン(東京都千代田区)

 フォトロン(東京都千代田区)は、研究開発で使われているハイスピードカメラ(高速度カメラ)の製造現場への応用を提案した。切削機械や加工機など、現場の業務改善に使いたいという来場者がブースを訪れたという。「ワイヤーをコイルで巻く工程で、巻き線が絡んで工具を傷つけることがある。超スローのハイスピードカメラを使えば、なぜトラブルが起こったのかをチェックできる」(齋藤幸作さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る