センサーとカメラが目視の代替 @ スマートファクトリーJapan

スマートファクトリーJapan 2019
会期:2019年6月5日(水)~7日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:日刊工業新聞社
出展者数:スマートファクトリーJapan125社、防災産業展111社
同時開催展:防災産業展 ㏌ 東京

 生産工場の最新技術が集まる「スマートファクトリーJapan」では、工場の「見える化」に関する技術の展示が目立った。

▲製造現場へのハイスピードカメラの活用を展示したフォトロン(東京都千代田区)

 フォトロン(東京都千代田区)は、研究開発で使われているハイスピードカメラ(高速度カメラ)の製造現場への応用を提案した。切削機械や加工機など、現場の業務改善に使いたいという来場者がブースを訪れたという。「ワイヤーをコイルで巻く工程で、巻き線が絡んで工具を傷つけることがある。超スローのハイスピードカメラを使えば、なぜトラブルが起こったのかをチェックできる」(齋藤幸作さん)

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る