本国では食品展示会Anugaを主催 ケルンメッセジャパン[主催者に聞く]

  • 2019/7/10

日本では人気会議「シーグラフアジア」を誘致

 ドイツ・ケルンで30万㎡の展示会場を運営するケルンメッセは、年間60本の展示会を主催する。

▲ケルンメッセジャパン(東京都渋谷区) 宮﨑 元一郎社長

 食品展示会の「Anuga(アヌーガ)」を筆頭に、家具、カメラ、ゲーム、二輪車など、消費財を扱う展示会に強く、日本の出展企業も多い。アジアでの開催にも力を入れており、食品の「タイフェックス」(タイ・バンコク)や家具の「インターズム」(中国・広州)など展示面積で東京ビッグサイト全会場を超える大型展示会もある。

新着記事

  1. 2021-6-24

    大手企業の出展や来場が減り、手応え薄く[口コミ]@ジャパンライフサイエンスウィーク 後編

  2. 2021-6-24

    大手企業の出展や来場が減り、手応え薄く[口コミ]@ジャパンライフサイエンスウィーク 前編

  3. 2021-6-23

    人口の7割がワクチン1回完了、7月末までに2回目へ @カナダ・トロント【6月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-6-23

    DXや業務効率化を促進する商材が並ぶ、出展者数は過去最大 @建設・測量生産性向上展

  5. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

ページ上部へ戻る