多品種少量生産への対応 進む @ 東京インターナショナル・ギフト・ショー春

 
  • 2019/3/10
展示会名:第87回 東京インターナショナル・ギフト・ショー春
会期:2019年2月12日(火)~15日(金)
会場:東京ビッグサイト 全館
主催:ビジネスガイド社
出展者数:2539社(16の国と地域から266社)

アジア以外の地域からの来場者も

 贈答品をテーマに雑貨、インテリア、食品、アパレルなど幅広い商材が展示される「東京インターナショナル・ギフト・ショー春」では、細分化が進む顧客ニーズを意識した出展者が目立った。

▲ビオトープ (東京都港区) には室内でひざ掛け、外では羽織になるブランケットなど、
多機能に使える商品に注目が集まった

 Tシャツのプリントサービスを展示したクイックアート(福井県福井市)は、市販のインクジェットプリンターで出力した図柄を転写する「パウダープリントシート」を紹介した。同業他社や、シルクスクリーンと呼ばれる既存の技術でTシャツを作る事業者との商談が進んだ。「アパレルでも多品種少量生産が増え、1枚から作れる技術に関心が集まった」(飛山恭平さん)

 輸入雑貨を扱うビオトープ(東京都港区)の加藤美岬さんが売れ筋としたあげたのは、用途が多様な商品だ。室内でひざ掛け、外では羽織れるブランケットなど、多機能に使える商品に小売店仕入れ担当者の関心が集まるという。

 海外来場者が多い展示会だが、アジアに限らず幅広い国・地域から人が訪れた。ドイツ雑貨を展示した輸入商社のアペックス(群馬県高崎市)は、上海、タイ、南米チリのバイヤーとの商談が進んだ。「海外来場者は以前から多かったが、多様化している」(山本哲さん)。一方、「アジア系の来場者に製品情報を出すとコピーされるのが怖い」という声も聞かれた。


おすすめの記事
出展・来場とも海外勢増加[口コミ] @東京インターナショナル・ギフト・ショー春 前編

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る