トラウマ克服登山(一社)こもろ観光局 【全国DMO巡りvol.18】

 
  • 2019/2/10
▲雄大な山々は小諸の大きな観光資源。「トラウマ克服登山」は登山に苦い思い出しかない人たちを参加させるというユニークな発想で成果をあげた。これはその「黒斑山編」で、背景にあるのは浅間山

山が苦手な人を取り込む『トラウマ克服登山』

 雄大な浅間山の登山口。市の真ん中を千曲川が流れ、噴火がつくった独特の地形に小諸城や北国街道ができ、歴史情緒あふれる高原の城下町として発展してきた。この町並みや標高を生かした新しい観光プログラムをつくろうと、DMOが中心となってさまざまな企画に取り組んでいる。

 浅間山登山では、登山が苦手な人を仮装して出迎えたり、経路に合わせ「克服度」達成スタンプを押すといったエンターテインメント要素を含めた「トラウマ克服登山」が人気だ。スノーシュートレッキング、アニマルトラッキングなど、浅間山の大自然を感じ、生き物たちと触れ合うプログラムも開発した。

▲小諸城址懐古園。小諸城は浅間山の噴火でできた谷と丘に建てられ、周囲の城下町よりも低い位置にあるという「穴城」として知られる。本丸跡は懐古神社となっていて、桜の名所としても多くの観光客を呼んでいる。

 開発を担ったこもろ観光局は、「地域おこし協力隊」という地元の事業者が中心にできた組織で、観光局がDMOとなって、これまで以上にマーケティングや広報活動に力を入れたことで、課題や実態が見えてきた。

 観光VTRの制作もそのひとつ。小諸を舞台とした人気アニメがあり、聖地巡礼地として熱心なファンが小諸を訪れていたが、小諸に対する若者層の認知度は低かった。そこでアニメに出演した声優を起用した観光VTRを制作し、首都圏のテレビCMや全国のメディアに発信した。昨年の「小諸城址懐古園の紅葉まつり」では、過去に比べてたくさんの観光客が押し寄せた。

 今取り組むのは、市内の空き家や古民家を有効利用する「まちなかホテル構想」や、標高2000mの立地を生かした「高地トレーニングエリア構想」といった、新しい観光・集客プログラムだ。

 小室孝明事務局長は、住民と事業者が主体的に地域観光に取り組み、外部の人を招くことの重要性を話す。数字にあらわれにくい住民の感情の高まりが一番の成果だという。最も大切なことは「最終的に地域住民が幸せになったかどうか」だと、小室事務局長は話した。

代表メッセージ

(一社)こもろ観光局 花岡 隆理事長

「詩情あふれる高原の城下町」の魅力を新しい人と視点、手法で創り上げ、発信することに取り組み、少しずつ成果が上がっている。今年度から複数のワーキンググループも立ち上げ、事業者やNPOなどが、企画から主体的に観光事業に関わり、運営までを担う体制を整えた。

 他のDMOと同様、人口減少に伴う観光客の減少対策として、インバウンドの推進は、小諸にとっても生き残りの必要条件だ。行政主体ではなく、地域住民を巻き込んだ活動で、「住んでよし、訪れてよし」の小諸を世界にアピールしていく。


法人名:(一社)こもろ観光局
設立年:2016年11月25日
所在地:長野県小諸市大手1-6-16

参加県・参加県・企業:小諸商工会議所、佐久浅間農業協同組合、小諸市農業青年クラブ、(一社)小諸フィルムコミッション、こもろ観光ガイド協会、NPO法人小諸町並み研究会、しなの鉄道株式会社、浅間・高峰観光協議会、小諸商店会連合会、小諸市金融団、日本政策金融公庫、小諸市社会福祉協議会
年間延べ宿泊者数:国内 約6万8000人

 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る