栄光真珠は海外売り上げが6割を超える

ジャパンジュエリーフェア2018
会期:8/28~30
会場:東京ビッグサイト東5、6
主催:UBMジャパン(一社)日本ジュエリー協会

中国相手の出展社が好調 香港宝飾展の前哨戦
ジャパンジュエリーフェア

国内で開催される主要な宝飾系展示会の中では、規模としては小さい。9月に香港で開かれるジュエリーフェアの前哨戦と捉える関係者が多く、香港で他のバイヤーが買う前に、良い商品に先べんをつけておきたいバイヤーが多く来場する。

主催のUBM(東京都千代田区)が中国から招待しているバイヤーもいる。来場者数が多い展示会ではないが、2~4小間で出展する平均的な規模の出展企業でも、会期中に3000万~6000万の売り上げ目標を掲げ、各社ともほぼ毎回達成していると答えた。商談会としての機能を果たしている展示会だ。

真珠加工の栄光真珠(三重県津市)は日本で4、5回、香港で4回の展示会に出展する。年商の半分を展示会で売り、海外売り上げ比率は6~7割だ。今回は日本の来場者が少なかったという。「夏の暑さの影響で宝飾店の売れ行きが悪く、買い控えているバイヤーが多いようだ」(大神直高社長)

望月宝飾(山梨県甲府市は)、赤珊瑚とエメラルドが主力の宝飾品加工会社だ。赤と緑は中国人が好む色で、5年前から中国人向けの商売に切り替えている。売り上げの85%は中国人バイヤーだという。

ブースでは、スマホで本国にいる顧客と喋りながら商品を選別するバイヤーの姿が多数見られた。顧客が気に入ればwechatpayalipayで入金させ、その後すぐに商品を購入するのだ。1回の展示会で数千万円を売り上げるという。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る