海外出店社増で来場者拡大

WEBマーケティングのアイデアリンク(東京都品川区)は10月18~19日、東京国際フォーラムで『第8回 フランチャイズEXPO2016』を開催した。今回は初の試みとして、全米最大級のフランチャイズイベント『International Franchise Expo』を運営するMFV Exposition(米ニュージャージー州)とI Fujita インターナショナル(米カリフォルニア州)と提携して開催された。独立を目指すサラリーマンや新規事業を探す企業など4582名が来場した。同イベントはこれまで個人の来場が多かったが、今年は日本未上陸の海外フランチャイズ本部の出展も多かったことから、法人客が増加したという。

特に注目を浴びたのは、アメリカで展開するフランチャイズ本部だ。2009年にフランチャイズ展開をはじめたトランポリンを使用したフィットネスブランド・SKY ZONE(米カリフォルニア州)や、ロブスターのファーストフードチェーン、ロブスターミー(米ネバダ州)など、計16社の海外フランチャイズが出展した。アイデアリンクは「2社と提携して開催したことで、これまで以上に新規のフランチャイズ本部を集められた。特に日本未上陸のチェーンは、出店時にメディアからの注目を集めやすいため、加盟者もいち早く情報を集めたいと考える」と語った。

アイデアリンクはフランチャイズ本部への資料請求サイト『フランチャイズの窓口』を運営しており、106社が登録している(10月19日現在)。同イベントは、事業について加盟希望者と直接話をできる場として、出展社から好評を博している。

主催者は語る「海外企業の出展ニーズ高まる」

アメリカのフランチャイズ本部による日本進出ニーズが高まっている。特に外食チェーンはこれまで以上に意欲が高い。日本はフランチャイズ市場の規模が大きく、アメリカに次いで世界2位と言われている。衛生環境が高く、勤勉であることから、海外フランチャイズ本部から見ても安心して出店できるというイメージが強いようだ。問題は言語だ。加盟希望者が英語に精通していないと商談が進まない。フランチャイズ本部が日本語に精通するスタッフを用意することは難しいので、加盟者側が通訳を用意しなければならない。来場者からも海外の情報を知りたいとの声が多く、今後のイベントは海外出展者をいかに集めるかが鍵となるのではないか。

76-25-10p02

アイ・フジタ・インターナショナル 藤田一郎社長

 

イベント概要をチェック

会 期:2016年10月18日(火)~19日(水)
時 間:11時30分~17時(19日は11時~16時30分)
会 場:東京国際フォーラム展示ホールE2
入場料:無料 *学生、18歳未満の方は入場不可
主 催:フランチャイズEXPO実行委員会(Idealink株式会社内) 

 


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る