認証マーク取得いよいよ販売攻勢 アイカムス・ラボ【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/8/25

アイカムス・ラボ(岩手県盛岡市)
@MEDICA(独)

▲アイカムス・ラボ(岩手県盛岡市)
片野 圭二社長

EUの基準を満たす認証マークを取得し、販路を拡大

 微量の液体や試薬を計量して分けるための実験器具「高性度軽量電動ピペット」を製造するアイカムス・ラボ(岩手県盛岡市)は、3年前に出展した国際医療機器展「MEDICA」(独)が初の海外展示会だった。国内の医療メーカーに好評だったため、海外に販路を伸ばそうと考えた。

 地元の医療機器メーカーと合同で出展し、4日間で40カ国、80人と名刺交換した。韓国や台湾の医療メーカーとつながり、韓国の分析機器メーカーと取引が始まった。

 出展費用は、5×10mのブースで300万円。合同出展なので1社あたり150万円だ。5人で参加し、渡航費と宿泊費は1人40万円ほどだ。

 昨年、EUの基準を満たしていることを示す「CEマーク認証」を取得し、アメリカの大手代理店を通じて世界中に販路を拡大した。国内販売数3000本に対し、海外は今のところ1割だが、体制が整った今、ここから一気に攻勢に出る。

 「日本で成功してから海外進出するようでは遅い。海外は日本の何十倍もの市場がある」(片野圭二社長)


おすすめの記事
ミタカ 医療機器用部材の販路開拓

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る