海外からの来場者をも魅了するバラとガーデニングショウ【見つけた!こんなイベント】(5/18~23)

▲この展覧会に来場するために北京から姉妹で来場したZhong Gingさん

第20回国際バラとガーデニングショウ カメラマン連れ北京から(5/18~23)

▲1999年の初回から累計448万人が来場

バラとガーデニングのトレンドを発信する目的で開催されてきた「国際バラとガーデニングショウ」には、国内外の1000品種100万輪のバラが集まった。今年は20回目の開催で多くの愛好家が訪れた。

最新品種やガーデン、ショップが会場に並び、メットライフドームの外野スタンドには、スペイン、イタリア、メキシコ、日本の花師が6万本のバラの花びらとカラーサンドで作った花絵が飾られた。

カメラマンを同行させて来場していたZhong Gingさんは、北京から姉妹で来日した。たまたまウェブで検索していた時にこのショウにたどり着き、バラを見るために5日間の予定を組んだという。朝は昭島市の昭和記念公園を散策し、写真をたくさん撮ってから内覧会を狙って来場したそうだ。翌日は京成バラ園へ行くということだった。今回は昨年に引き続き、2回目の来日。昨年は京都と大阪などを観光した。

▲イタリア、スペイン、メキシコから花師が来場し、希望者と共に花絵を制作中の様子

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る