サクラインターナショナル 16人の新入社員、うち海外人材が3人

▲4月2日、東京国際フォーラムで入社式が行われた

 ディスプレイ業のサクラインターナショナル(大阪市)に、16人の新入社員が入社した。そのうち3人が海外人材スタッフだ。配属先は東京と大阪で当面は国内の業務にあたるが、半年以内には日本の展示会に出展する海外企業の担当に就くという。海外人材の3人以外の新入社員も大半は英語や中国語などを話し、海外顧客を担当することになる。

 入社式の中で妙代金幸社長は「2021年に売り上げ100億、利益10億円を達成し、上場を目指す」と話した。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る