展示会の人数制限 緩和に方針転換か

緊急事態宣言31日までの延長を受け、内閣官房 12日以降調整

 内閣官房が、展示会等イベントの開催に関して、5月12日以降、人数制限を緩和する方向で調整に取り掛かろうとしている。新型コロナウイルス感染症対策推進室の担当者によると「同時入場者数は5000人、もしくは会場収容人数の50%のいずれか少ない方を上限に認める方向」ということだ。緊急事態宣言の発令以降、無観客開催を要請してきた方針が転換される見込みだ。

 東京ビッグサイトを管轄する東京都産業労働局の担当者は「国の方針に準じるが、正式発表後の対応になる。現時点では都としての対応について回答できることはない」と話した。

関連記事

新着記事

  1. 2021-6-22

    医療崩壊予防のため、完全ロックダウンを延長 @マレーシア・クアラルンプール【6月19日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-6-22

    昆虫食をはじめ健康や環境に配慮した商材が人気 @ifia JAPAN

  3. 2021-6-21

    セミナー配信と商談予約に特化し、マッチングを支援 @B2B Bridge【オンライン展示会】

  4. 2021-6-20

    ロックダウンの最終的な緩和は、4週間後に延期へ @イギリス・ロンドン【6月16日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  5. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)後編

  6. 2021-6-19

    効率化・省力化のITツールや環境に配慮した素材の金型に注目集まる[口コミ]@INTERMOLD(金型加工技術展)前編

ページ上部へ戻る