車載メーカー、セルロースナノファイバーに注目した微細加工、原料の展示会 @nano tech

 
  • 2020/4/6
展示会名:nano tech 2020(第19回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)
会期:2020年1月29日(水)~31日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1・2、会議棟
主催:nano tech実行委員会
出展者数:410社・586小間
同時開催:ASTEC 先端表面技術展・会議、SURTEC 表面技術要素展、3D Printing展、国際水ソリューション総合展、ENEX、Smart Energy Japan、電力・ガス新ビジネスEXPO、新機能性材料展、JFlex、3次元表面加飾技術展、光デバイス・レーザ技術総合展、MEMSセンシング&ネットワークシステム展

▲ユシロ化学工業(名古屋市)が展示した、切れても再生する自己修復機能を持つ新素材

 「nano tech(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」では、極限まで分解した木の繊維を原料とするセルロースナノファイバーが、企業研究開発者の注目を集めた。日本では、強度があり軽量な複合材料としてセルロースナノファイバーの開発が進んでいる。自動車部品として実用化も進み、自動車業界での成長性を感じている出展者もいた。また、公的機関や大学研究室の出展も増え、研究発表という側面も強くなっているようだ。

 繊維をかき混ぜるのに使う機械を製造する井上製作所(神奈川県伊勢原市)では、車載部品をはじめとする自動車業界関係者から、セルロースナノファイバーに関する相談が多かった。前回までは医薬品関連企業から医薬品を動物に与え効果を確かるために、ナノレベルに分散することの相談が多かったが、今年、同様の話はほぼなかった。

 分析機器を輸入販売する三洋貿易(東京都千代田区)には、分析機器の中でも分散と粉体に関連したメーカーの研究者が来場した。カーボンナノドット(CND)や、電池材料の需要が増加し、関連した分析機器への相談が増えた。「直近では、セルロースナノファイバーに関する問い合わせも増えた」(吉川貴士さん)

 ユシロ化学工業(東京都大田区)は、切れても再生する自己修復機能を持つ新素材を展示した。医療分野では実用化されているが、他の市場での需要を探るために出展した。「来場者も、何に使えるか悩んでいるようだった。どう生かすかはこれから」(高倉一利さん)

 大気など環境に関する計測機器をつくる、東京ダイレック(東京都新宿区)には、粒子を研究する開発者を中心に1日30~40人ほどが来場した。宮本高志さんは、「研究部門の展示が増え大学研究室の出展が増えた。商業的な展示会から、研究発表の場になっている」と話した。


この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
「若者を振り向かせたい」 自治体が高い関心 @TOKYO eスポーツフェスタ

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る