▲エーアイエルのマスコットキャラクター「マクロマン」を前面に出したブース

赤を基調 目立つ色使い

人材派遣のエーアイエル(東京都千代田区)は、「Japan IT Week秋」でマスコットキャラクターを使った漫画風ブースをつくった。ブース奥に設けられた3枚のパネルには漫画や吹き出し、コマ割りを印刷してサービスの特徴を紹介。入り口部分の壁面に埋め込んだモニターの周囲にも吹き出しのデザインをあしらうなど、ブース全体を漫画調のデザインで統一した。 

デザインの主役となるマスコットキャラクターは、ヒーローの「マクロマン」だ。ブランドカラーである赤をブース全体の基調とした。「周りはシンプルなブースが多いので、その中で来場者の目を引けるような派手な雰囲気にしたいと思った」(入江雄介社長)

展示したのは、自社開発した完全無料のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。事務職の人材派遣に強いため、RPAの導入に関わる障壁をなくして本業につなげるのが狙いだ。「顧客向けのアンケートではRPAを導入した400社のうち、実際に活用しているのは5割にすぎなかった。有効活用して初めてコスト削減や売り上げアップにつながるので、そのサポートのみならずシステムも提供できればと考えた」(入江社長)


▲「女性が主役のブランドでもあるので、かわいらしさも重視した」(入江雄介社長)

DATA
施工会社:ジールアソシエイツ(東京都中央区)
小 間 数:4小間
施 工 費:200万円
会  場:Japan IT Week秋

▼関連記事はこちら

ブースの壁面はレンガ調の壁紙で差別化【集まるブース】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る