▲千代の亀酒造は今年、「ProWein」に出展した

中小食品メーカー 海外へ

海外に商機を見いだす、中小の食品生産会社の展示会出展が活発だ。限られた資金で成果を出すため、開催までに国内で情報収集に注力する。一方で、輸出先の国により趣向や文化により求められる商品が大きく異なる。

酒造メーカー千代の亀酒造(愛媛県喜多郡)は、年商9250万円のうち、9%を海外で売り上げる。海外での営業を始めたのは2012年。JETROの商談会や愛媛県主催の欧州販路開拓事業に参加した。

今年、欧州最大のワインの展示会「ProWein」に出展した。輸出実績がないドイツでの輸出先を探すためだ。海外営業担当の亀岡晶子さんは、事前にJETROでドイツの日本酒事情を聞き、手に入れたレポートから取引の見込みがありそうな会社にメールで問い合わせ、展示会での商談を取りつけた。

現地に出展する日本酒の選定には最後まで苦しんだ。欧州でもスイスは高額なお酒が好まれ、フランスでは一般的な銘柄が売れるなど、国ごとに特徴が異なるからだ。だが、リサーチをしても好まれる味の傾向までは知りようがなかった。

会場では、現地のソムリエたちから率直な感想を聞くことができ、ドイツで好まれる酒についてポイントをつかむことができた。事前アポを取った1社と会場で会ったもう1社と取引が始まった。

もう1つ亀岡さんを悩ませたのが、現地の宿泊料金の高さだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る