ラグビーW杯、開催期間は五輪の2倍!~中村好明の『最旬』イベント報告②~

中村好明の『最旬』イベント報告

第1回「関西IRショーケース」

第2回「ラグビーワールドカップ」

いよいよ、来年にはアジア初開催となるラグビーワールドカップ(RWC2019)が、国内各地で開催されます。まさに日本最大級の国際イベントです。実は、このRWC2019、20年開催の東京五輪に比べて、期間が2倍も長いのです。19年9月20日~11月2日まで、約40日間にわたって行われるのです。

東京がメインの五輪と違い、国内12の地方都市で開催されるのも大きな特徴です。欧米や豪州を中心とする大会期間中の関係者の訪日外国人客数は約40万人、3千億円以上の外貨獲得が期待されています。

期間が長いのは、試合日程の間隔に余裕があることも一因です。来日する外国人観戦者は試合の合間には、国内各地を旅するでしょう。忘れてならないのは、ラグビーファンには富裕層が多いことです。大きな特需が各地で見込めると思います。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る