不要名刺を奉納し、ビジネスの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」開催

イベント名:Sansan 名刺納め祭
<東京会場>
会期:12月8日(水)9:00〜16:00、9日(木)9:00〜13:00
会場:神田明神(東京都千代田区外神田2-16-2)

<大阪会場>
会期:12月15日(水)9:00〜16:00、16日(木)9:00〜13:00
会場:大阪天満宮(大阪市北区天神橋2-1-8)

▲境内に設けられた『護縁箱』

 Sansan(東京都渋谷区)は、東京と大阪の2都市の神社で、不要になった名刺を奉納して来年のビジネスでの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」を開催する。参加費は無料だ。境内に設けられた『護縁箱』に名刺を納めた後、事前予約で境内での祈祷も受けられる。データ化が済んだ名刺のほか、肩書きや部署の変更により、使えなくなった自分の名刺も納めることができる。

▲境内に名刺を読み込むためのスキャナーも設置される

 当日、会場に設置された専用スキャナーで名刺を読み込み、その場で名刺アプリに取り込むことができるコーナーも用意する。名刺は神職による祈祷を受けた後、専門業者SRI社に委託されて安全な環境で廃棄処分される。納められた名刺の枚数に応じて、植樹が必要な地域に木を植える取り組みも行う。

 Sansanの調査によると、ビジネスパーソンは、オフィス掃除で捨てられないもの第1位に『もらった名刺』をあげており、その理由として3人に1人が「相手に失礼だから」と回答している。Sansanは、利用者がたまった名刺をデータ化し奉納することで、軽やかに新年を迎えられるようにと、2015年からこのイベントを行っている。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る