国立公園もインバウンド @ツーリズムEXPOジャパン

▲環境省と日本エコツーリズム協会が共同で「ツーリズムEXPOジャパン」に参加した

 環境省と日本エコツーリズム協会(東京都品川区)は、外国人旅行客に向けた国立公園の周知に注力する。2015年、外国人旅行客の国立公園利用者数は490万人で、これを2020年までに1000万人まで増やすことが目標だ。

 国立公園は、全国に34カ所あり、その中には富士山のように知られているものも多いが、多くは外国人にとって馴染みの薄い地名ばかりだ。そこでPR映像も英語で作り、日本政府観光局(JNTO)と協力しながら、情報を発信している。

 2者での初参加となった「ツーリズムEXPOジャパン」ではセミナーを行い、業界関係者100人以上を集めた。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る