商品紹介する30秒動画で差別化【オンライン展示会】

 
  • 2020/7/5

新しい技術の見本市evort

 昨年10月に創業したエボルト(東京都渋谷区)が主催する「新しい技術の見本市evort」は、IoT、AI、ロボティクス、新素材などに関わる技術を集めたオンライン展示会だ。リアル展示会を回り、出展者や来場者の声を集めて開発を進めた。「短時間で概要をつかめるコンテンツが欲しい」という要望が多く、30秒で製品技術・概要を伝えることを目指した動画を作り、掲載する。掲載企業数は間もなく100社。コンテンツ制作に時間がかかるため、掲載数を増やすのには一定の時間を要するが、年内に1000社を掲載する計画だ。

 チャット機能も搭載していたが、24時間365日オープンしているオンライン展示会ではマイナスの面が大きく、現在は外している。今後、AIが自動返答するチャットボットの実装を検討する。「技術系企業の課題は、優れた技術を分かりやすく伝える人材が不足していること。我が社が翻訳者となり、技術や製品を理解し、必要な情報を整理・編集する。個別に各企業がウェブマーケティングを行うのも費用対効果が低い。主催者として出展者・来場者を集め、ビジネスマッチングを行えば費用対効果を最大化できる」(検見崎裕代表)

 出展者と来場者が重複しており、出展者を増やすことで来場者も増やす戦略だ。出展者による告知が成果につながっている。また、検索されやすくするためのSEO対策は検見崎代表の専門分野となる。

 展示会の中止が相次いで以降、問い合わせは急増した。「オンラインのセールスコンテンツが重要になるのは間違いない。多くの企業がコンテンツを作成し、メールやオンラインでの商談が活性化するだろう。コンテンツの絶対量が増えれば、質の低いものは埋もれる。分かりやすいコンテンツ以外は生き残れない」(検見崎代表)

イベント名:新しい技術の見本 市evort
会期:通年
主催:エボルト(東京都渋谷区)
出展者数:100社

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る