商談会を定期開催 6、7月は10本予定【オンライン展示会】

 
  • 2020/7/4

 台湾貿易センター(東京都千代田区)は新型コロナウイルスの感染が拡大する前から、オンライン展示会を開催してきた。展示会中止が相次いだため、その数を一気に増やす。4~5月に3回開催し、6~7月には10回開催する。

 4月16日の「台北国際自動車部品見本市オンライン商談会」には8カ国から20人のバイヤーが参加し、台湾企業32社が出展した。5月14日の「台北サイクルショー・台北国際スポーツ見本市・台北国際スマート機械製造見本市合同オンライン商談会」には、16カ国から37人のバイヤーが参加し、台湾企業53社が出展した。個別のオンライン商談も支援する。バイヤーとサプライヤーの参加費は無料だ。

 台湾における感染者数は、5月19日までで、感染者数440人、隔離を解除された人が398人、死亡者が7人で、新たな感染者は8日以降出ていない。だが、台湾の福利衛生部は大型イベント開催に関する予防措置の徹底が困難と判断し、6月まで予定されていた国際見本市は開催中止や延期になっている。ベビー用品展、ペット展など台湾国内における展示会は6月以降、感染対策をしながら開催する予定だ。

イベント名:台湾貿易センター

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る