新型コロナウイルスで会場は閑散 @PrintTech & Signage Expo(タイ)

 
  • 2020/5/7
展示会名: PrintTech & Signage Expo 2020
会期:2020年2月27日(木)~3月1日(日)
会場:IMPACT Muang Thong Thani(タイ・バンコク)
主催者:121Creation
出展者数:119社(2019年実績)
来場者層:印刷、小売り、飲食店、食品加工
出展者層:印刷機械メーカー・代理店、看板製作、食品包装、縫製

不満続出の出展者 

 新型コロナウイルスは世界各国で猛威を振るっている。タイで開催された印刷機械の展示会「Print Tech & Signage Expo」は、来場者が少なく閑散としていた。出展者からは失望の声が聞こえた。

▲ 来場者より、出展者の姿が目立つ会場内の様子

 「今回の出展は完全に失敗」。そう話したのは、印刷会社だ。印刷業界向け展示会であり、元々来場者は多くないが、それを踏まえてもあまりに少なかった。「今日は1回も名刺交換をしていない。昨年はもっと人がいた。今年は新規顧客と出会うことはなかった」

 会場は首都バンコク北部に位置し、駅から少し離れた場所にあるが、大規模展示会は多数開催されている。だが、取材した日は駐車場も空きばかりで、普段なら渋滞する道も車がまばらだった。バンコク中心地でも、商業施設、観光スポット、交通機関などあらゆる場所で人が少ない。

 出展者の大半はタイ国内の企業で、海外出展者の9割強が中国系企業だ。リコーやエプソンなど日本の大手企業の名前もあったが、代理店が出展しただけで、会場で見かけた日本人はただ一人。日本の本社からの指示で出展した。「今回はコロナが流行する前に申し込んでいたので、こうした事態は予想できなかった。出展キャンセルもできず仕方なく参加したが、失敗だった。タイは不景気だと聞いており、しばらくは厳しい状況になるだろう」

 展示会を中止にすることはできなかったのか。主催の121Creationは「出展者もずっと前に確定していた。毎年もっと多くの人が来場するが、今年は明らかに少ない。だが、主催者側としてはどうしようもない」と話した。

 中国製の縫製機器を扱う企業は「印刷機器分野の展示会は、ふらりと来た人がそのまま新規顧客になる確率は低い。だからこそ、既存客に招待状を出し来てもらう。顧客のほとんどにキャンセルされ、結果として来場者はほぼいなかった。コロナは来年になれば治まるだろうが、今後の出展を控えることも検討している」と話した。


おすすめの記事
越境ECで売り上げ倍増 コスメ【海外展示会挑戦記】

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る