小売店のデジタル化商材に関心大 @ Interop Tokyo(インターロップ東京)

 
  • 2019/7/10
Interop Tokyo(インターロップ東京)2019
会期:2019年6月12日(水)~14日(金)
会場:幕張メッセ
主催:Interop Tokyo 実行委員会
運営:インターネット協会、ナノオプト・メディア
出展者数:472社

IT技術の展示会

 IT技術の展示会「Interop Tokyo(インターロップ東京)」では、デジタルサイネージ(電子看板)や人手不足を解消する無人店舗など、小売店のデジタル化に関する技術が来場者の関心を集めた。

▲サイネージ用のソフトウェアを展示したテクノフェイス(札幌市)には3日間で200人が訪れた

 デジタルサイネージを制御するソフトウェアを展示したテクノフェイス(札幌市)には、「飲食店のバックオフィスで、サービスマニュアルの動画を流したい」「他の事業部で行われていることを可視化するために使いたい」という来場者が集まった。製造業をはじめとする工場関係者も多く、「オフィスや社屋を新しくするにあたり、導入したいとの声がこの1、2年で増えている」と小林隆行取締役は話した。

 顔認証システムを展示したサイバーリンク(東京都港区)も、店舗での需要の高まりを感じたという。顔認証システムはオフィスの入退室管理での採用が増えているが、今後は無人店舗での応用が増えることが予想されている。展示会でも商業施設や個人店舗関係者から問い合わせが多かった。「ホテルのフロントで、顔認証を使って新規の客かリピーター客かを区別するために活用する例もある」(今澤浩之さん)

 小売業界以外の来場も多かった。AIを使って企業の組織力を向上させるシステムを提案したStock Mark(東京都港区)には、製造業の関係者が多く訪れた。膨大なネット情報から、調べたい企業情報を抽出するサービスに関心を持つ人が多かった。

 エンジニア派遣のVSN(東京都港区)は、通信キャリアやエスアイアー(システム構築・統合を行う人)の来場が多かった。「来場者の多くが人材不足に悩んでいる」と浅利朋継さんは話していた。


おすすめの記事
デジタルサイネージ成長著しい [口コミ]@ Interop Tokyo 2018 前編

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る