政府が10年に発表した新成長戦略をきっかけに医療目的で来日する外国人が増加している。入院や複数回通院するため6カ月以上滞在する外国人向けの「医療滞在ビザ」 は制度化から6年で発行数が19倍になった。
信用できて安心感がある日本ブランドの医療サービスに、中国を中心に富裕層が拡大するアジア各国で医療インバウンドが拡大している。
外国人患者に対応する専門部署を設けたり、褒賞旅行のパッケージに検査を組み込んだり、VIPに接待のメニューとして人間ドッグを使用したりと医療機関でも様々な取り組みを行なっている。
医療インバウンドの取り組みをまとめてご紹介。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る