▲天井から床に張り巡らせたステンレス製のワイヤが、浅野金属工業の展示商品だ

伝えたいのはステンレスの美しさ 

工業の展示商品だ創業年のステンレス製品総合メーカー・浅野金属工業(新潟県三条市)は、毎年春に開催する「建築・建材展」と秋の「ジャパンホームショー」、また、名古屋や福岡など地方で開催する展示会に出展する。

2011年からはデンマーク、スペイン、オーストラリア、アメリカなど、海外で行われる漁具・船舶系のイベントにも定期的に出展する。ステンレス製のワイヤが映えるブース作りを心がける。

ステンレスの光沢が映える黒の壁面の前で、ブース天井から床面までワイヤを引っ張った。
また、商業施設や住宅で使われることが多いワイヤを使った壁面緑化も、壁全面に取り入れた。ブース制作費は非公表だが、ブランディングの一環と捉え「かなりの金額をかけている」(青木英和さん)とのこと。

基本的にはいくつかの展示会で使い回している。創業当時から手掛けている漁具や船舶用など海に関係するステンレス製品で世界的なシェアを押さえている同社だが、近年は住宅・公園・商業施設に向けた、デザイン性の高いワイヤを使った造形物に力を入れている。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る