長谷川遼平のイベント取材日記(2)

副社長自ら呼び込み続ける企業

展示会を訪ねると、業種を問わず興味を引く商品に必ず出合う。学生の研究から生まれたロボットや、印刷会社が作ったWebサイト編集アプリなど、既存品にはない魅力が詰まっている。一方で、そうした商品を扱うブースに立つスタッフのモチベーションはまばらだ。展示会に慣れない営業スタッフたちは、開場直後は声をからしてチラシを配るが、昼過ぎには疲れて座り込む。

そんな中、産業交流展で商品撮影用のカメラを販売していたアポロクリエイト(東京都品川区)の竹正恵祐副社長は違っていた。ブースの中でピンマイクをつけ、大きな声で商品の実演に励む。その元気な声に後押しされ、来場者たちは引き寄せられるように足を止め、商品に見入っていた。ブースに動員したスタッフは2~3名だったが、周囲のどのブースよりも目立ち、活気があった。「ただ商品を置いておくだけじゃ、お客さんは来てくれないから」と竹正副社長は額に汗をにじませながら話す。

「雨垂れ石を穿つ」というが、ただ呼び込みを続けるだけでも客は必ず増える。取材のために会場をぶらつく記者でさえ、声をかけられなければ思わず見逃してしまう商品があるのだから、間違いない。

 


p1050331

国際イベントニュース 編集部 長谷川遼平

2012年入社。賃貸住宅に関する経営情報紙『週刊全国賃貸住宅新聞』編集部主任。起業・独立の専門誌『ビジネスチャンス』にて新市場・ベンチャー企業を担当。民泊やIoTなど、新産業を専門に取材中。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る