子どもの健康対策商品も並ぶ [口コミ]@ 教育ITソリューションEXPO

▲リードエグジビションジャパン(東京都新宿区) 岡部憲士取締役

リードエグジビションジャパンHP
岡部憲士取締役Facebook

教育ITソリューションEXPO
5月16~18日@東京ビッグサイト

教育機関向けの商品が並ぶ「教育ITソリューションEXPO」では、事務機器、学習机、ITソリューションなどを扱う企業が、生徒が議論して授業を進めるアクティブラーニングを推進する商品を展示した。東京都渋谷区では2017年度より7億8200万円の予算を組み、区立小中学校26校の全児童生徒約8000人と教職員約600人に一人1台のタブレット端末を貸し出す。家庭への持ち帰りも認めており、授業や家庭学習に生かすのが狙いだ。だが、これは極めて珍しいケースで、主催のリードエグジビションジャパン(東京都新宿区)、岡部憲士取締役は「教育現場へのITの導入は進んでおらず、先進諸国に比べても格段に遅れている」と話す。

今年からは「学校施設・サービス展」を併催し、防犯、災害対策、給食サービス、寮の運営、校舎の長寿命化など、IT以外のサービスの出展企業も集めた。子供の健康や安全対策に対応した展示が増えたのは、脱・ゆとり教育で教科書の総ページ数が35%増え、腰痛になる小学生が増加したことや、インフルエンザの大流行が影響しているという。

教育ITソリューションEXPOどうだったの??
出展者に聞く『今回どうだった?』

▼▼▼▼▼

アットシステム(宮城県仙台市)
前回の大阪に続き、2回目の出展。今回は反応が良い。場所も入場口近くで良かった。「震災対策技術展」(@パシフィコ横浜)にも毎年出展。震災直後は来場者が多かったが、最近はあまり入っていない印象。


久富電機産業(広島県福山市)
昨年に続き2回目。他は出ない。通常の営業は中学校に直接卸す。学校関係者に会えればと思い試しに出た。手ごたえは「こんなものかな」。いろいろな人が来るが、ターゲットは少ないと感じた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る