バリアフリーをレガシーに 萱場 明子パラリンピック部長【イベント人物図鑑】

 
  • 2018/6/29
▲東京都オリパラ準備局(東京都新宿区)
萱場 明子パラリンピック部長

 東京をバリアフリー化させることこそがレガシーになる」と話すのは、東京都オリパラ準備局の、萱場明子パラリンピック部長だ。新設会場では世界最高水準のバリアフリー基準を満たす一方で、制限のある既存施設や公共の場所では、個人が対応する水準を上げることの方が重要だという。

 「ロンドンの地下鉄は日本よりもバリアフリー化が進んでいなかった。だが、市民のサポートが得られたため『安心して街を移動できた』と日本のパラリンピック選手が話していた。ソフト、ハード両面のバリアフリー化を進めることが、観光客を増やし、東京に住みたいと思う人を増やすことにつながる。それこそが最大の経済効果だ」(萱場部長)


おすすめの記事
最新バリアフリー 京王プラザホテル新宿&東京空港交通
バリアフリーに需要 東京五輪・パラリンピックに向け『メダルに点字デザイン』

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る