クラウドとセキュリティに関心集まる [口コミ]@ Japan IT Week春 後期(クラウドコンピューティングEXPO、他|西棟)前編

(開催概要)
会期:2019年5月8日(水)〜10日(金)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟
主催:リード エグジビション ジャパン
出展社数:1180社
来場者数:6万6205人

出展数は前期以上 来場者は減少の気配

 出展数は前期以上来場者は減少の気配東京オリンピックの影響で会期が分かれた「JapanITWeek春」の後期は、会場も西と青海の2会場に分かれた。西棟では「データストレージEXPO」、「データセンター展」などの計7展が行われた。2つの展示会のみで構成されていた前期は、会期が分かれたことにより来場者数が減ったという指摘があった。構成展の多い後期は会場が分かれたために、他の展示会を見に来た来場者の流入が減ったことを嘆く声が聞かれた。

セキュリティへの関心 高まり感じる

サイエンスパーク(神奈川県座間市)

 デバイスドライバーなどを開発。初回から16年出展し続けている。時代がクラウドに向いていることと、セキュリティへの関心が高まっている。セキュリティについては、外部脅威が中心だった以前に比べ、「退職する社員が顧客リストのデータを盗む」「社員リストを無断で作成し外部で販売する」など、内部の犯行を防ぎたいという声も多い。
 今回ブースに来場したのは既存客の他、製造、製薬、食品、マーケティング関連など。名刺交換は3日で500枚程度だった。前回と一緒くらいだ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る