食品バイヤーの関心 味と価格以外にも @ FABEX(ファベックス)

  • 2019/6/10
第22回 ファベックス2019 会期:4月17日(水)〜9日(金)
会場:東京ビッグサイト西1〜4
主催:日本食糧新聞社
出展者数:917社(デザート、スイーツ&ベーカリー展含む)
来場者数:7万8024人

人員不足に対応する食材に注目

 中食・外食産業ビジネスのための商談展示会「FABEX」では、調理現場の人員不足を補う食材や、植物由来の資源から作られた容器など、味や価格以外の要素で来場者を集めるブースが目立った。

▲フリーズドライ製品は調理現場の人手不足解消に一役買っているという

 フリーズドライ・乾燥野菜を製造販売するアスザックフーズ(長野県須坂市)には、調理現場の人手不足に困る外食や介護業界向けの給食会社などが訪れた。調理時間を短くするために、乾燥野菜を使ったメニューを、朝や週末など調理人員の確保が難しい時間帯に取り入れる事例が多いという。「以前は乾燥野菜を使うことに抵抗感を持つ人が多かったが、最近は減っている」(森山玄さん)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る