CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展2018
会期:8/28(火)~30(木)
会場:幕張メッセ 1・2、屋外展示場
主催:建設・測量生産性向上展 実行委員会
出展小間数:177社・団体/742小間

建設・測量生産性向上展初開催 大手揃い踏み次回は5月

日立建機(東京都台東区)
営業統括本部
木村栄治部長代理(41)

建設・測量業界の機械や設備を集めた「CSPI―EXPO建設・測量生産性向上展2018」が幕張メッセで初開催された。主催は日本建設業連合会や全国建設業協会など、建設・土木関連の企業が集まる12の業界団体が参加する実行委員会方式をとっている。コマツ(東京都港区)、日立建機(東京都台東区)、コベルコ建機(東京都品川区)など業界トップ企業が顔を揃えた。来年5月に同じ幕張メッセで敷地を拡大して開催することが決まっているが、コマツは今年から12小間増やした45小間での出展を決め、日立建機も1.5倍に拡大することを決めている。

トプコンソキアポジショニングジャパン(東京都板橋区)
村石隆部長(52)

初回から出展企業が力を注ぐ背景には、建設現場の生産性向上を目指したICT活用「i―construction 1)「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組 出展:国土交通省i―construction」を国土交通省が推進していることが関係する。

References   [ + ]

1. 「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組 出展:国土交通省i―construction
こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る