「CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展」が初開催 大手そろい踏み

 
  • 2018/10/4
展示会名:CSPI-EXPO(第1回 建設・測量生産性向上展)2018
会期:2018年8月28日(火)~30(木)
会場:幕張メッセ 国際展示場1・2、屋外展示場
主催:建設・測量生産性向上展 実行委員会
出展者数・出展小間数:177社・742小間

次回は来年5月の開催が決定

 建設・測量業界の機械や設備を集めた「CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展2018」が幕張メッセで初開催された。主催は日本建設業連合会や全国建設業協会など、建設・土木関連の企業が集まる12の業界団体が参加する実行委員会方式をとっている。

 コマツ(東京都港区)、日立建機(東京都台東区)、コベルコ建機(東京都品川区)など業界トップ企業が顔をそろえた。来年5月に同じ幕張メッセで敷地を拡大して開催することが決まっているが、コマツは今年から12小間増やした45小間での出展を決め、日立建機も1.5倍に拡大することを決めている。

日立建機(東京都台東区)木村 栄治さん

 初回から出展企業が力を注ぐ背景には、建設現場の生産性向上を目指したICT活用『i-construction』を国土交通省が推進していることが関係する。「国交省管轄の工事を請け負う事業者は、『i-construction』に基づいた工事を行わなければならず、工事業者が集まると判断をした」と日立建機の木村栄治さんは述べた。コマツのブースには2日目までで2100人が来場し、「最終日も1000人を超える勢い」(広報担当)ということだった。

トプコンソキアポジショニングジャパン(東京都板橋区)村石 隆さん

 出展者からは、「10年前まで開催されていた『建設機械と施工技術展示会(CONET)』の復活のようだ」という声も多く聞かれた。測量機器製造のトプコン(東京都板橋区)の販売会社トプコンソキアポジショニングジャパンの村石隆さんは、「2020年に向けたインフラ整備に向け、来場者にライバルメーカーが力を合わせていることを印象付けることができた」と手応えを感じていた。

アクティオ(東京都江東区)日南 茂雄さん

 環境展から出展を切り替えた企業も複数見られた。建機レンタルのアクティオ(東京都江東区)は、昨年までは環境展に出展していたが、学生や研究者の来場者が多く対象があっていないと判断した。「CSPI-EXPO」では建機大手に次ぐ規模の大型ブースで出展したが、対象とするゼネコンの担当者と会うことができた。

i-constructionとは、
「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取り組み
出展:国土交通省i-construction


おすすめの記事
国際ウエルディングショー2018 まとめ【Web限定】

Gotou


国際イベントニュース 編集部 後藤 豊

2017年全国賃貸住宅新聞社入社。「国際イベントニュース」企画開発部所属。インバウンド集客に必要な商材、海外に進出する企業向けサービスを中心に情報収集。趣味は読書。自宅に溜め込んだ蔵書は4500冊を越え、かねてから妻との懸案材料となっている。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る