試作品の市場で売り上げ急拡大~会場立ち話~

▲三研工業(東京都葛飾区)岩田護社長

試作品の市場で売り上げ急拡大~会場立ち話~

樹脂や金属の加工メーカー、三研工業(東京都葛飾区)は、大手企業から試作品の製作を引き受ける。7年前に父親から会社を引き継いだ岩田護社長は、1億円だった売り上げを7億円に引き上げた。飽和状況にある試作の市場で急成長できたのは、他社が引き受けない案件を積極的に受注したからだ。例えば、壁を壊さなければ工場に機械が入らない、大型案件などだ。

今年、いよいよ海外市場に打って出る。最初の海外展示会として選んだのは「International Visitors―IMTS2018」(シカゴ国際工作機械見本市)だ。外部発注先の中国企業からアメリカでの商売がやりやすいことを聞いたからだ。「アメリカ人は細かいことを言わないという。日本は寸法や品質に厳しいので最もやりづらいらしい」(岩田護社長)

国内の展示会に出るようになったのも岩田社長の代になってから。現在は「機械要素技術展」だけに出ている。


他の会場立ち話はこちら

新卒社員は去っていくもの~会場立ち話~

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る