どこよりも高くはしごを延ばせ【展示会会場立ち話】

 
  • 2018/8/31
▲江戸の町をイメージしたブースの中に、めいいっぱい延ばしたはしごを展示した

 創業50周年を迎えた関東梯子(埼玉県幸手市)の主力商品は消防車の積載梯子(はしご)だ。消防車関連で年間2000台を販売する。消防ポンプ車やはしご車など、車種によって形は異なるという。全国の消防本部や消防団で保有する消防車両は10万台に上り、毎年、定期的に車両が入れ替わる際に需要が発生するそうだ。

 5年に一度開催される「東京国際消防展」では江戸の町をブースに再現した。枯山水風の庭にはしごを立て、どのブースよりも高く延ばして、一番上には消防員の模型を設置した。「外国人には、はしごよりも日本家屋の装飾が受けた。写真を撮っていただくことも多かった」(大貫秀人社長)

 ちなみに、ブースの高さ制限はあったが、展示物の高さ制限は設けられていないという。


おすすめの記事
新卒社員は去っていくもの【展示会会場立ち話】

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る