バーベルのカスタマイズ戦略で世界市場獲得

  • 2018/8/30

▲カスタマイズしたバーベルの一例

バーベルのカスタマイズ戦略で世界市場獲得

ウエサカ ティー・イー(東京都墨田区)上坂忠正社長(写真右)

運動競技用の鉄製器具を製造するウエサカ ティー・イー(東京都墨田区)の主力は、売り上げの6割を占めるウエイトリフティング用のバーベルだ。競技用の公式用具としてオリンピックでも採用されており、競技選手にもよく知られている。年商6億円のうち15%は海外売上だ。

バーベルを主力商品に押し上げたのが、学校のロゴやイメージカラーを印字したカスタマイズ商品だ。主要な販売先であるアメリカの大学は、アメリカンフットボールの有望選手を獲得するため、トレーニングルームに費用をかけている。

1996年のアトランタ五輪後、アメフトのコーチからバーベルを買いたいという郵便が届いたことが海外進出のきっかけだ。97年には、米国オリンピック組織委員会や、各スポーツ団体の本部から近いデンバーに子会社を設立した。その後も展示会に出て、アメフトコーチが集まる団体に売り込み、筋力トレーニングのカンファレンスにも出席した。

3万円で購入できる中国製に比べ、ウエサカの商品は12万円と高額だ。顧客には重量の誤差がない商品を作り出す、オリジナル鋼材と加工技術について説明している。


スポーツ関連の記事はこちら

ランと音楽の融合『ナイキ TOKYO GO フェス』開催(4/21~22)

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る