記者の目(26)未来を悲観する必要はまったくない

「食品の輸出は難しい」と聞いていたので、わずかなチャンスを探すような特集になると思っていたが、多くの中小食品生産会社が輸出に取り組んでいることを知り、やってもみずに恐れることはないと、使い古された言葉を噛みしめた。

彼らが海外に出て行った時期を聞くと、2009年という答えが多かった。リーマン・ショック後、それまでの事業に未来がないと悟った時、決死の覚悟で世界に出た経営者の顔を垣間見た。

未来を悲観する必要はまったくないと、明るい笑顔で語る人たちばかりだ。

コラム【記者の目】はこちら


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る