【集まるブース】「創業100年」アピールせよ

▲調理場では5名のスタッフがフル回転で半ラーメンを用意、4500食を提供

「創業100年」アピールせよ

大型看板と社史パネル

ラーメン店「直久」を運営するフククルフーズ(福岡県早良区)は、フランチャイズ・ショーの会期3日間で4500食を提供した。ブースを囲む壁面では、会社の歴史と加盟店の成功事例を紹介し、足を止めて関心をもった来場者にスタッフが声を掛けた。最大の強みである創業100年の実績は、看板を大きくして、来場者にアピールした。フランチャイズ加盟店の獲得が出展の目的だったが、商談に至ったケースもあったという。

ブース施工費は4小間で150万円、さらに、出展料金、試食ラーメンの食材、機材搬入費などを含めた総額は400万円だった。


おすすめ記事
アジアで加熱する日本食産業

「人手不足の解消」が課題

シンガポールでフランチャイズ展

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る