阿波踊り大会、108万人見込み実際は20万人 イベントの経済波及効果の測り方

阿波踊り大会、108万人見込み実際は20万人 イベントの経済波及効果の測り方

阿波踊り大会の運営方針を巡る徳島市と観光協会の対立の影響か、今年の人出は4日間で108万人と計測を始めて以来最も少なかった。だが、関係はさらに悪化している。実際の人出が20万人だったという調査結果が明らかになったからだ。経済波及効果についても当初100億円だったものが15.5億円と7倍近い差がついた。

正しい経済波及効果の出し方を調べてみると、観光庁が7月に「MICE簡易測定モデル1)観光庁では、2010年度(平成22年度)に、MICE開催による地域への経済波及効果を容易に測定できる「MICE開催による経済波及効果測定のための簡易測定モデル」(MICE簡易測定モデル)を開発し、地方公共団体や民間企業等に幅広く利用されてきました。このモデルでは、「MICEタイプ」、「都道府県」、「都市」を指定し、測定を行うMICEの「期間」、「人数」等の情報を入力することで、「生産誘発額・就業効果」、「税収効果」等の経済波及効果が自動的に算出されます。
出展:観光庁 「MICE簡易測定モデル」をバージョンアップ! ~MICE開催による地域への経済波及効果を測定できるツールを改訂~
」を一部改定していたことがわかった。主催者の事業費や、参加者の人数を入力して計測する。汎用性のある計測モデルは争いを止められるか。


MICE関連記事はこちら

JCCB猪口会長 G20サミットの協力を要請


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

References   [ + ]

1. 観光庁では、2010年度(平成22年度)に、MICE開催による地域への経済波及効果を容易に測定できる「MICE開催による経済波及効果測定のための簡易測定モデル」(MICE簡易測定モデル)を開発し、地方公共団体や民間企業等に幅広く利用されてきました。このモデルでは、「MICEタイプ」、「都道府県」、「都市」を指定し、測定を行うMICEの「期間」、「人数」等の情報を入力することで、「生産誘発額・就業効果」、「税収効果」等の経済波及効果が自動的に算出されます。
出展:観光庁 「MICE簡易測定モデル」をバージョンアップ! ~MICE開催による地域への経済波及効果を測定できるツールを改訂~

関連記事

コメントは利用できません。

 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る