記者の目(28)感じたままの反応で、商品は評価される

数値化できない話は経済紙にそぐわないと、長い間思ってきた。

美容や食品の世界で商売の成否を決めるのは、結局のところ美しさや味だ。

これらは感覚に訴えるものだからこそ数値化が難しい。

意図したわけではないが、今号は感覚に訴える産業のオンパレードとなった。

海外市場に出ることは、歴史を共有しない相手に商売をするということだ。

見たまま、触ったまま、感じたままの反応で、商品は評価される。「だって奇麗だもん」「だって美味しいもん」そういうものがうまくいくのだろう。


国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎
2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る