美容メーカー 中国で激しい争い

▲▼CHINA BEAUTY EXPOとCOSMOPROF ASIAの様子

中国で開催される美容業界の2大展示会。CBEは中国本土のバイヤーの来場が多く、COSMOPROF ASIAは世界各国から来場者が集まる。毎年11月に開催される「COSMOPROF ASIA」はここ2年JETROが共同ブースとして出展するジャパンパビリオンが用意された。

どこまで続くか 日本ブランド

中国市場を狙う日本の美容メーカーの進出が活発だ。5月22~24日、上海で開催された「CHINA BEAUTY EXPO(CBE)」には日本から200社が出展、昨年の60社から大きく増えた。魅力は日本とは比較にならない大きな市場だ。日本ブランドに対する信用度も高い。一方で、韓国や欧米メーカーも中国向けに低価格で商品を販売しており、「日本製は高くて売れない」と話す現地バイヤーも少なくない。

▲ウエダ美粧堂(大阪府八尾市)は高級化粧筆を5月に上海で開催されたchina beauty expoに出展した

CBEの出展が4回目となった成和インターナショナル(東京都町田市)の深沢さんは、今年、中国人来場者の肌艶が去年よりも綺麗になったと感じた。「これまで中国人は洗顔、化粧品、乳液というステップを踏まないと言われていた。明らかに化粧品慣れしてきている」。化粧水に混ぜるヒアルロン酸原液が、2014年に中国版のtwitter「weibo(ウェイボ)」で芸能人に取り上げられ人気を獲得した同社だが、今年の来場者からは「買って満足できるパッケージにして欲しい」と、これまで聞いたことがない要望が届いた。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る