インフルエンサーの動画、中国展示会でも影響大

▲小六のブースには現地のテレビ番組が取材に訪れた

5月に上海で開催されたCHINA BEAUTY EXPOに出展した日本企業は、中国市場に合わせて展示方法に工夫を凝らした。中国版twitter「weibo(ウェイボ)」や動画共有サイト「Youku」などでたくさんのフォロワーを抱える中国版のインフルエンサー「KOL」を呼んだり、社内の中国人スタッフに全てを任せた出展企業も見られた。

インフルエンサーの動画、中国展示会でも影響大

化粧水に混ぜるヒアルロン酸原液を展示した成和インターナショナル(東京都町田市)は、14小間の大型ブースを組み、20人のKOLを会場に集めた。会場からそれぞれのKOLがライブ配信を行い会場の内外から来場者を集めた。KOLが配信した映像の再生数の合計は4000万回に達し、目標の2倍以上となった。

CBEでも時間帯によって人が来ないことがある。そんな時にKOLが会場から中継を始めると人が集まってくる。会場にいる来場者も中継を見ているからだ。KOLをイベントに呼んで中継させる企業は他にも複数あった。中国でもKOLのマネジメント事務所が多数あり、発信力、ターゲット、商品に合わせてキャスティングを行う。KOLの格付けも公開されているという。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る