本物を特注でつくる コスモ・テック【ノベルティの選び方】

 
  • 2018/2/10

コスモ・テック(東京都中央区)
@セミコン・ジャパン

▲今回は全長15cmの金属製定規。クリップ付きで、Yシャツに挟むこともできる

販促用商品は選ばない

 社名・ロゴ・URLを印字した金属製の小型定規をチラシとともに配布したのは、真空配管部品や電流導入端子を扱う商社、コスモ・テック(東京都中央区)だ。

 これまでも精密ドライバーや、ねじ穴の大きさが分かるプレートなど、専門職向けの商品を用意してきた。ノベルティッグズの専門店を使わず、毎回、それぞれの専門店に特注品として発注する。

 「我が社のことを思い出してもらいたいので、自社製品に関連するものを用意する」(営業部・高橋芳孝氏)。「セミコン・ジャパン」への出展は今年で7回目になる。

 ほかにも「VACUUM 2017 真空展」「国際航空宇宙展」「機械要素技術展(東京・大阪の両方)」などの展示会に出展、小規模な学会なども含めると、年間10回以上展示会に出展する。顧客は半導体メーカーが9割を占める。大学の研究室など研究機関が1割だ。規格品から少し外れた特注品を依頼されても、部材を自社で組み合わせて短納期で届けられるのが強みだ。


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る