ビルオーナーさん、いらっしゃい【人が集まるブース特集】

 
  • 2017/11/10

ボルテックス(東京都千代田区))
@不動産ソリューションフェア

DATA
施工会社:島津アドコム(京都市)
施工費:約200万円

アンケートを集める事が最大の目的
▲アンケートを集める事が最大の目的

ライバルは財閥・電鉄系不動産会社

 投資用不動産を売買するボルテックス(東京都千代田区)は、販売するための不動産を仕入れるために10月16日(月)~17日(火)に東京ビッグサイトで開催された「不動産ソリューションフェア」(主催:ビル経営研究所)に出展した。来場するビルオーナーにアンケートの回答を依頼し、後日改めて買い取りを提案するのだ。

 創業18年目だが、財閥、電鉄系の大手不動産会社が並ぶこのイベントでは、新参者とみなされやすい。ブースはビルオーナーの信頼を得やすいように、自社のブランドカラーを基調にして清潔感・上質感を出した。また、ビルオーナーの関心が高い販売中のビル物件情報も壁に張り出し、中に足を踏み入れる仕掛けとした。

ボルテックス(東京都千代田区)
前川 明久さん

 ブース製作や販促物にかかった費用は200万円弱。アンケートに回答した来場者には、同社が契約する女子プロゴルファー、イ・ボミ選手のサイン入りゴルフボールをプレゼントした。「目標の名刺獲得400枚は達成した」(前川明久さん)


おすすめ記事
1万円の帽子売ってください【人が集まるブース】

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る