6月10日号発刊しました。

 
  • 2017/6/12

国際イベントニュース6月10日号発刊しました。

【ニュース】「グルメンピック」主催者社長ら5人を逮捕

【展示会】独メッセ・デュッセルドルフ 世界戦略を一層拡大

【イベント作り】テレビ番組制作費をイベントで稼ぐ -プロデューサー 角田洋一郎-

【展示会】「先端技術見本市」7月に川崎で

【展示会】「レジャー%サービス産業展」今年は”IR”

【地域振興】神戸版SXSW「078」開催

【インタビュー】FOODEX JAPAN 食品展示会で世界一を目指す  -日本能率協会 安江あづさ-

【会場】パシフィコ横浜 釜山「べクスコ」と提携

【MICE】ちば国際コンベンションビューロー 16年度、130件のMICEを誘致

【レポート】欧州最大の住宅・装飾関連展示会 フォワル・ドゥ・パリ

【出展】受発注サイト「ビジネスチャンス・ナビ」登録数2万社を突破

【トレンド】起業家イベントに海外から注目

ほか

国際イベントニュースって、どんな新聞?

イベントを作る人と、イベントを探す人のための新聞です。
展示会、商談会、会議、学会、スポーツイベント、文化イベント、コンテストなどなど、
目的のもとに人が集うものについて、情報を発信します。

現代人の生活は、情報の滝壺の中にあるかのようです。
遮断しようと意識しなければ、情報は永遠に降ってきます。
全ての情報が正確であればまだいいのですが、残念ながら、まがいものも少なくありません。
そんな時代、当事者同士が直接出会った時に得られる正確な情報の価値は増していると、私達は考えます。

出会いを求めて、現代人はイベントに出かけます。
しかし、自分と同じ疑問や課題に取り組む人と出会うことは簡単ではありません。
「同じかな」と思って参加してみたら、全く違った、なんてことは多々あります。

私たちが発信するのは「こんな悩みを持つ人たちが、こんな出会いを求めて、集まった」というイベントの情報です。
あるいは「こんな人たちが、こんな人たちを集めようと、こんなイベントを企画している」という、イベントを作る人たちの情報です。

 

誰が読むの?

1、イベントを作る人たち
イベント主催者、イベンター、展示会主催者、会議運営会社、イベント支援会社、業界団体、 コンベンションビューロー、産業振興センター、インフルエンサー、

2、イベントに参加する人たち
イベント出展者、参加者、

3、イベントを呼び込みたい人たち
自治体、イベント会場、商工会議所、

読むと、どんなメリットがあるの?

1、いつ、どこに、誰が、どんな理由で集まっているのかがわかります。

2、イベントの上手な使い方がわかります。

2、イベントそのものの作り方がわかります

3、面白いイベントを作っているのが誰なのかがわかります。

 

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る