船橋に施工センターを開設した施工業ユニティー

  • 2016/9/27

請負受注を強化

 施工請負業のユニティー(大阪市)が、木工などの大工工事作業を行うための施工センターを、千葉県船橋市に開設した。大型造作などの施工受注に向けて、体制が強化された。

 全国に20営業拠点を持つ同社は、イベントや商業施設の内装施工を中心に行ってきた。現場施工を管理する社員が300人在籍し、運搬から施工まで一括して受けることができるのが強みだ。

 各支店には常時200~300人程度のスタッフが登録されており、業務にあたる。そのうち3割は同社の業務を生業とする専任スタッフだ。

 東京支店では平均的に1日60現場程度が稼働している。「継続して仕事を受注できるからこそスタッフが在籍するようになり、技術を要する業務も請けることができるようになる」と橋本順夫支店長は話している。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-27

    「日本ホビーショー」存続のためクラウドファンディングを開始

  2. 2021-10-26

    カード制作事業はウェブ広告が好調、アプリ制作事業は電話営業【リード獲得100本連載】研美社(大阪市)

  3. 2021-10-25

    イベント再開で経済の活性化、新型コロナとの共存を目指す @イギリス・ロンドン【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  5. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  6. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る