会員数1万5000人の子供釣りクラブ【今月の風景】

 
  • 2017/2/8
▲国内釣り具メーカーが運営する釣りクラブのブース

 「ダイワヤングフィッシングクラブ」は国内釣具メーカー大手のグローブライド(東京都)が運営する子供向けの釣りクラブだ。その歴史は40年に及び、会員数は1万5000人に達する。

 初回に1000円を支払えば、その後は数年間会員費が必要なく、経験に合わせて2~4人のチームに分かれて、それぞれにトレーナーが付くため、初心者も参加しやすい。小中学生が中心だが、20歳まで在籍でき、経験を積んだメンバーが、初参加者のコーチとして活躍することもある。

 釣り愛好者の裾野を広げようと、積み上げられてきたメーカーの取り組みが、少子高齢化の時代を迎えた今も、増収が続く結果に結びついている。ジャパンフィッシングショーの会場でも、会員向けブースが大きく設けられた。


おすすめの記事
台場ガンダム また会う日まで 【今月の風景】

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎

国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る